欠陥住宅が無くなる?

Untitled document

まだ皆さんの記憶にも残っていらっしゃるかと思いますが、いわゆる「姉歯事件」で
クローズアップされた“欠陥住宅”。
実際には、その前からも横行されておりました。

しかし、残念ながら消費者を欠陥住宅から守る法律がなく、
「調べずに選んだ消費者が悪い」「運が悪かった」「しょうがない」と処理され
購入者側に大きな負担と損失が押し付けられてきました。


そして“あの事件”が社会的問題に発展し、まさに「ふたが開いた」のです。

 


まず、構造計算を建築確認申請時に提出する事が義務付けられました。※3階建て以上
更に、新築戸建てやマンションを分譲する売主に10年の保証義務が付加されました。
これにより、売主(事業主)は建物の引渡から10年間、瑕疵(欠陥)について
修補しなければならなくなったのです。

 

しかし…これでは完全ではないのです。なぜでしょう?

 

事業主がしっかりした設計で、いいものを建てたいと思っても、肝心の現場の方や職人さん
が、同じ想いで施工をしてくれなければ、やはり欠陥住宅は起り得るのです。
※多くの現場監督や職人さんは、建物をわが子のように一生懸命、作っていらっしゃいます。
 ご安心下さい!

もうひとつは、売主が倒産してしまうケースです。
いくら「保証する」と言っても、会社が存続していなければ、補修や保証のしようがありません。

 

そこで施行されたのが「住宅瑕疵担保履行法」なのです。

この法律のポイントは・・・

―斬雹業者が倒産した場合でも、欠陥の補修費用は確保される
∧欷渦弾は事業主の義務であり、消費者は手続きする必要はありません
9事中に専門の検査員(建築士)による検査が行われます


個人的にはポイントのが、非常に大きいと思います。
大半(全て?)の事業主がいい建物を建てたいと思っています。
そして大半(全て?)の職人さんも同じ考え方で建物を建築しています。


しかし、全て人間が造るものです。ミスはあります。
それを専門の建築士が検査することにより、欠陥住宅は大幅に減少するでしょう。


皆さんが住宅を購入する上で、建物の心配や不安は少なからずあると思います。
今の制度でも“完全ではない”というご意見もあるでしょう。

私は、そのくらいの姿勢で住宅探しや住まい選びに取り組んでいただいていいと思います。

ここに、指定保険法人5社を列記しておきます。
いずれも全国を対象に業務を行い、あらゆる規模、工法、構造の住宅を引き受けております。
各社の保険内容をしっかりと把握して、是非、皆さまには納得して、そして安心して新居に
お住まいいただきたい。 そう思っております。

いつの日か、欠陥住宅が完全になくなってくれることを祈っています。

 

株式会社住宅あんしん保証
 住所 : 中央区八重洲1-6-6 八重洲センタービル7階
 電話 : 03-3516-6333
 URL: http://www.j-abshin.co.jp/
 保険商品名 : あんしん住宅瑕疵保険

財団法人住宅保機構証
 住所 : 港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館3階
 電話 : 03-3584-5748
 URL: http://www.hoe.or.jp/
 保険商品名 : まもりすまい保険

株式会社住宅保証検査構証
 住所 : 江東区毛利1-19-10 江間忠錦糸町ビル
 電話 : 03-3635-3655
 URL: http://www.jio-kensa.co.jp/
 保険商品名 : JIOわが家の保険

株式会社ハウスジーメン
 住所 : 港区西新橋3-7-1 ランディック第2新橋ビル8階
 電話 : 03-5408-8486
 URL: http://www.house-gmen.com/
 保険商品名 : 住宅瑕疵担保責任保険

ハウスプラス住宅保証株式会社
 住所 : 港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング26階
 電話 : 03-5777-1835
 URL: http://www.houseplus.co.jp/
 保険商品名 : ハウスプラスすまい保険

住所から絞込む
路線から絞込む
他の条件から絞込む

  • 最新3日間の新着物件
  • リフォーム済みマンション
  • 値下げ物件
  • 駅徒歩10分圏内一戸建て
  • 3,000万円台まで新築戸建て
  • 3,000万円以下30坪以上土地
マイホーム購入のマネープランセミナー

ローコスト住宅

最高級のフロア表面加工ハードプロテクト ハウスオーナーズクラブ 分譲戸建部門東日本おもてなし店舗第2位受賞 Fun to Share